債務整理について

借金の問題を解決するための方法として、債務整理というものがあります。法律事務所に債務整理について相談をすれば、さまざまな提案をしてくれるでしょう。債務整理には主に3つの方法があります。それは任意整理と民事再生、そして自己破産です。これらの手続きを弁護士に依頼することによって、借金の支払いをすぐに止めることができます。債務整理の手続き中は借金の取り立てができない決まりとなっているからです。そして最終的には、借金を減額してもらったり、猶予してもらったり、免除してもらえることもあります。

任意整理たとえば任意整理という方法があります。これは交渉をすることによって、金利の引き直しをしてもらったり、借金の減額を頼むというものです。これによって毎月の返済額を減額してもらうことができるでしょう。自分の生活に支障のない範囲で返済ができるようになるのです。

民事再生というのは裁判所に借金返済が困難であることを認めてもらい、借金の減額をして3年から5年で分割で返済していくように計画を立てるというものです。この場合は財産を処分する必要はなく、職業の資格制限も存在しません。

自己破産というのは借金の支払義務を免除されるというものです。その代わり財産を処分したり、職業の資格制限があります。