過払い金請求

最近は過払い金請求という言葉を目にすることが多いでしょう。CMでもよく流れています。かつてカード会社や消費者金融はグレーゾーン金利の部分まで利息を徴収していました。これは本来支払う必要のないお金となっています。法律で決められている上限を超える利息でお金を貸していたのです。当然、上限を超えている部分については違法であり、それを支払う必要はないのですが、それに気がつかずに高いお金を返済していたという方がたくさんいます。その支払いすぎていた分を取り戻すためにするのが過払い金請求なのです。

過払い金請求出資法と利息制限法という法律があるのですが、それぞれ利息の上限が違います。出資法の方が上限金利が高くなっており、多くの業者がそちらのほうを適用して利息を設定していたのです。しかし、近年は法律が変わったことによって、利息制限法を超える分の利息については返金手続きをすることで取り戻せるようになったのです。その手続きをするのは弁護士に任せると良いでしょう。

もし自分が借金をしていて、利息を支払いすぎているのではないかと疑っているならば、ぜひとも弁護士に相談をしてみましょう。そうすれば、弁護士が利息を計算してくれて、それが違法なものかどうかを判断してくれます。

関連サイト
過払い・過払い金請求とは? | 債務整理・借金相談は弁護士法人アディーレ法律事務所